第5期京都ライター塾、始まりました!受講生のレポート記事を紹介します!

  • ブックマーク

先週の金曜日に「第5期京都ライター塾」がスタートしました!

私の仕事部屋から、オンラインで全国各地に繋がる。すごいなぁ。

今回の受講生は4人。マンツーマンでみっちり向き合うのもいいですが、みんなでおしゃべりしながら、和気あいあいと進めて行く講座もやっぱり楽しい〜!!

他の人の発言を聞いて、なにか気付けることもたくさんあるんだなぁって思います。書くことに興味がある、ライターとして活躍したい、そんな共通項のある皆さんだから特に。

今回も覚悟して参加してくれた方ばかりで、すごく熱心に講座を聴いてくださり、話す私も、思わず熱が入ります。で、伝えたいことがありすぎて、ちょっと延長してしまいましたが。

プチインタビュー体験

1回目の講座は、ライターとして身に着けておきたい技術「インタビューのやり方について」がメイン。

インタビューのアポ入れのやり方、質問の考え方、当日の流れ、話の引き出し方のコツなど、ひと通りお話したあとに、お互いがインタビューをし合う、プチインタビューのワークをしてもらいました。

この日のインタビューテーマは「どんなライターになりたいですか?」。この質問をスタートに、相手を深堀していく練習。

これは、インタビューをする練習も兼ねているのですが、インタビューされる側をしてみて、いろんな気付きを得てほしいなという期待もあってやっています。

やったことがないと不安が募りますが、実際にやってみることで「インタビューって意外と楽しいな!」「いや、想像以上に面白いな!」というのが伝わったんじゃないかなぁと思います。

この日も人から質問されて、なんとか言語化しようとする中で、新しい気付きがあった!自分がこんなこと思ってるなんて、インタビューされてみて気が付いた!という方、インタビューしてみてホントは私、人に話を聞くことが好きだったんだって気付いたという方も。

やってみないと分からないこと、たくさんある。

レポート記事、紹介!

今回も、課題として毎回の講座内容をレポートにしてまとめるというワークがあります。アウトプット前提で人の話を聞くと、入ってくる情報量が格段に増えます。さらに書くという作業をすることで、知識も定着しやすくなるので、毎回この課題をやってもらうようにしています。

書くことでしか、文章力は上がらない。

さっそく受講生からレポート記事が届いたので紹介します。

しょうこさんは、講座中に「WordPressやりたいなぁ、でも全然分からないしなぁ」と言っていたのですが、その後ものすごいスピードで、サーバー契約、ドメイン取得、ワードプレス開設に至ったようで。

ライター塾をしたのが金曜日で、日曜日にはWordPressを開設しているという、その行動力!!!すごい。

静岡在住のライター・まみさん

長崎生まれ北海道育ちのライター・ナナさん

kumikoさん

次回は8/20。インタビュー原稿の書き方について、です。

メルマガに登録すると「京都ライター塾」に関する最新情報が届きます!
ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン 読者登録

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。