全部BTSのせい。|7.31(土)

  • ブックマーク

6月は仕事に余裕があって、たくさん日記記事を書いていたのに、7月に入った途端、何かしら忙しくなって、今月は全然日記が書けなかった。日記が書けないと、何か自分の中に詰まってしまっている感覚。書いて出さないとしんどくなる感じがする。ひどい便秘のような。

なので、7月が終わる前に全部吐き出す。

ブログで日記は書けてなかったけど、noteの【定期購読マガジン】には8記事書いた。

で、振り返ってみたら、そのほとんどがBTSに関することだった。なんせ日々BTSのことしか考えていないので、おのずと書くこともBTSのことしかない、という状態。

BTSを好きになって、私はなにか扉が開いたという気がしている。今まで閉じていた扉が。そこにあるとも思っていなかった新しい扉が開いたのだ。

BTSを見ていると、どうしようもない思いが体の内側から沸き起こる感じ。その感情はすごく自分を幸せにしてくれるし、同時に何か私の中に眠っていた、忘れていた何かを思い起こさせる力がある。

で、ついこないだインナーカラーを青色にしてみた。BTSのメンバー・テテが過去にやってた色であり、オザケンもちょっと前にやってた色でもある。(オザケンが染めたとき「青かぁ」って思ってたけど、まさか自分がするとは思っていなかった)

BTSを見ていたら、彼らは皆すごーく自由な髪形&髪色をしていて(赤とか真っ青とか、金髪とか、ピンクとか)、「そっか、髪色なんて自由でいいんだよなぁ」って思って、こないだインナーカラーを青色にした。

たぶんBTSに出会う前の私だったら絶対にしていない(できない)ことだ。

夫はいつまでインナーカラーするんだって言ってるけど。いい。家の中でも車の中でも、隙さえあればBTSを聴いてて、夫も本当いい加減飽きてるかと思うんだけど。

でも、ファミマで見つけたBTSのコーヒーを買ってきてくれたりする(優しい)。残念ながら推しではなかったが(夫は7人のメンバーの見分けがつかないし、7人いることも知らないだろうな)。

で、BTSにハマって、いいことしかないんだけど、1つだけ困ったことがある。

もう本当に今BTSにしか興味を持てなくなって、あんなに楽しみにしていた新ドラマも、今季はほとんど見ていない。ドラマを見る時間があるなら、BTSの動画を見ていたい…みたいな。BTS以外のいろんなものが、全部色あせてしまったこと。

そこはちょっと困っている。

note記事

みごとにBTSのことしか書いていないnote。定期購読せずとも1記事から購入できるので、興味ある記事があればぜひ。

特にこの記事(↓)が地味に購入されてて、とてもうれしい。タイトルは「必ず仕事が上手くいくときの心の在り方」なんだけど、結局、BTSなんかい!っていう終わり方。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。