雑誌「婦人画報」のお取り寄せ、桃の節句に御所人形のお雛様

  • ブックマーク
  • -
    コピー
雑誌「婦人画報」3月号では、チョコレートばかりではなく、
御所人形のお雛様の取材もさせていただきました!

撮影場所は、御所からもほど近い弘道館




こーんなお庭も望めるとっても雰囲気のいいところで撮影。
カメラマンさんは、スタジオバウの久保田さん。いつもありがとうございます!


島田耕園さんも立ち合いのもと、着々と撮影が進みます。


撮影はいつも張りつめた空気。緊張の連続。って、私、見てるだけなんですが。
今月末にも次の撮影が決まっています!
毎回どんな作品に会えるのかが楽しみです。

—–

節分、バレンタインが過ぎると、次は桃の節句ですねぇ。
昨年は娘が初めて迎えるお雛祭り(→BLOG)で、
お雛様どうしようどうしようってなって、
結局私が子どもの頃飾っていたものを、島根から送ってもらって飾ったのでした。

今回取材した島田耕園さんの小さな立雛、座雛は、狭い我が家にもちんまり飾れて、
すごくいいなって撮影の後ろ側で思っていたのでした。

その他のアイテムもぜひWEBで!

婦人画報 2016年 03月号

ハースト婦人画報社
2016-02-01


書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。