safuji ミニ折り財布(よこ)購入。探し続けること6ヶ月、ついに理想のミニ財布を見つけた!

  • ブックマーク

長年、イルビゾンテの金色の長財布を愛用していたのですが、10年近く経つとガマ口の口金が緩み、鞄の中で小銭が散乱するようになり、ゴムバンドもゆるゆるのダルダル、そろそろ変え時かなぁと思いはじめたのが半年くらい前。

とはいえ、すごく気に入っていたので、お店に修理の相談に行くと、1万円以上かかるかもしれない&修理に3ヶ月くらいかかるとのことで、それならと新しい財布を探すことにしたのです。

最近はキャッシュレスで、携帯があれば財布を鞄から出さずに1日終わる日もザラ。大金を持ち歩くこともないし、次買うならミニ財布にしようと決めました。

が、理想の財布がなかなかない!

理想の財布


・お札は折らずに入れたい
・小銭入れは大きく、出しやすさ重視

と、ポイントはこの2点のみ。

ですが、ミニ財布の場合、お札を折って入れるタイプのものや、小銭入れが小さく出しにくそうなものが多くて、どんなにデザインが気に入っても、この2点がクリアできず、なかなか理想の財布に出会えなかったのです。3つ折り財布の場合、お札が折れてしまうのも嫌でした。

半年くらい捜し続けて「もう私の理想の財布なんて、この世にないんだわ」とイヤになってきた頃、出会ったのでした、私の理想のミニ財布に!!!

今の私の正解は、safuji ミニ折り財布!

私が大好きでよくチェックしているサイト「くらすこと」で見つけたのが「safuji ミニ折り財布」。

まず、デザインが可愛い!!!

開けると、パッと全体を見渡せるつくりが良い。

小銭入れがガバッと大きく開くのも良い。

カードの収納も多すぎず適度に入れられるのが良い。

お札入れの部分に仕切りがあって、レシート類やお札など分けて入れられるのが良い。

お札に折り目が付くこともない(なーんかこれ私の中ですごく大事)

後ろ側にもカードが入れられるようになっていて、ここにはよく出し入れするスポーツジムの会員カードを入れることにしました。

もう1回言うけど、やっぱりデザインが良い。

長財布をやめてミニ財布にしたら、いつも使っている鞄にすごいスペースができてビックリした。財布が小さくなった分、身軽になったような気がします!

あと、このデザインなんか見たことあるなぁって思ったら、この春まで使っていたスマホケースと見た目がほぼ同じだった。

私はどーしてもこういうデザインが好きなんだよなぁって、改めて思ったのでした。

縁起の良さそうな「一粒万倍日」にお財布をおろして、新財布生活スタート。使うたびにうれしくてニヤニヤしています。

記念に新旧ふたつのお財布を並べて。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。