縫い物にハマる6歳児

  • ブックマーク

子どもたちも冬休み突入。

娘が、犬のぬいぐるみに服を縫ってあげたいというので、手芸屋さんに行って生地を探していた。

娘は創作意欲がすごく、トイレットペーパーの芯は必ず取っておいて、何かしら作ろうとする。

が、犬用の服なんて縫えない、どうしよう…と思っていたところ、娘にもできそうなちょうどいいキットがあったので購入。

何か作りたい!という娘の創作意欲を満たしてくれるような、代わりのものが見つかって、よかった〜!

キットは、すみっこぐらしのマスコットが作れるというやつ。

●エビフライのしっぽとトンカツ

●きょうりゅうとにせつむり

の2種類を購入。一つ500円。

針はプラスチックなので、安心。

針を刺すところに穴も空いてるし、一度教えたら、一人で黙々と作業をしてた。

玉結びと玉止めができなくて、その都度、呼び出しがかかるのだけど。

最初は楽しく作業してたんだけど、途中で飽きて、大掃除してる私や夫が作業をやらされたりしつつ。

で、翌日2種類とも、なんとか完成!こちら見本の写真と違うけど。

冬休みのいい暇つぶしになりました(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。