祇園にある「ハードロックカフェ京都」へ行ってきました!

  • ブックマーク

ライター仲間に誘われ、2019年7月12日にオープンした「ハードロックカフェ京都」へ行ってきました!

ハードロックカフェ京都へ行ってきた!

お店があるのは、石畳が続く風情ある景色で人気の祇園白川。

行ったのは7月上旬ですが、コロナの影響か、昼間だけど人っこ1人いない状態。すごい!こんな景色初めて見たかも。

さっそく店内へ。

と、この外観、何か見たことあるなと思ったら、以前試食させてもらったしゃぶしゃぶのお店がなくなって、ハードロックカフェになっていたのでした(切ない)

京都らしさ満載の店内

お店は1階と2階のフロアに分かれていました。

1階は、坪庭を向いたソファ席(ライターの友人撮影)やテーブル席と物販のコーナー。

今は、コロナ対策で2階フロアだけを使っているとのこと。

2階にはカウンター席とテーブル席、個室もあり。

カウンター内にあるテレビ画面には、店内で流れいてるロックミュージックのプロモーションビデオが流れていました。気になる音楽だなと思ったときは画面を確認すれば誰の曲なのか分かる。ガンガン大音量で流れているというのではなく、ちょっと賑やかなBGMといった印象。

ハードロックカフェというより、とてもシンプルな町家カフェといった雰囲気。

ドリンク&料理

まずはドリンク。禁酒中の私はノンアルで。ミルクシェイクにはブラウニーが乗っかってます!

料理は今、品数を減らして提供しているとのこと。「コロナでお客様も少ないからかな」と言い合う。とはいえ、お昼時になるとほぼ客席は埋まっていました。

BBQリブ。だったかな。ニンジンとセロリの野菜スティックとともに。ディップはブルーチーズ風味。リブの甘辛いタレがおいしくて、箸も使わず手で持ってかぶりつく。

クラブハウスサンド。3人でいったので、3つにカットしてもらいました。

このお肉の厚みよ!ただ、私にはチキンの味が少し薄い印象。

ステーキサラダ。

3皿を大人3人でシェアしてお腹いっぱい。本当はデザートまで食べたかったのだけど、たどり着けず…!

レジ横の壁には、お店に来た有名人のサインがありました。スタッフの方がどのサインが誰のものか、すごく丁寧に教えてくれたのですが、今覚えているのは、関ジャニ∞丸山くんのだけ(右上に小さく◎+山と書いてあるのがそれ)。

ショップでは京都限定オリジナルアイテムも!

1階の物販コーナーには、おなじみのハードロックカフェTシャツや、帽子、レストランでも使っていたグラスやマグカップなどなど。京都店にしか置いていない限定商品(手ぬぐい、京扇子、風呂敷)なんかもありました!

アメリカの西海岸や大阪にあるハードロックカフェには行ったことがあり、そのときのイメージ(どかーんと派手で、あのアメリカンな、勢いある感じ)で行ったら、ここはとても落ち着いた京都風だったので、それに驚きました(笑)ここでは、これが求めれられるのかもしれないと思いつつ…楽しんだのでした!

お店情報

住所:京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地
電話:075-533-7771 (RESTAURANT)、075-533-7789 (SHOP)
※ 一時的に営業時間を変更
12:00~22:00 (Last Order 21:00)

※ 通常営業時間
RESTAURANT
11:00~23:00 (Last Order FOOD:22:00 DRINK:22:30)
ROCK SHOP
11:00~23:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。