京都・宇治「辻利兵衛本店」の抹茶パフェ。わざわざ行って食べたい!

広告

150810_035

先月取材に訪れた宇治の辻利兵衛本店
ジェイトリップスマートマガジンの記事がアップされたので、ぜひ見てみてください。

お茶の老舗、辻利兵衛本店が昨年オープンさせた茶寮を紹介しています。

 

tujiri

取材では、辻社長自らお話してくださったんですが、
お話を聞くほどに、「本当にいいものだけをお客様に届けたい」っていう
熱い思いが伝わってきて、帰る頃にはすっかりファンになってしまったのでした。

辻社長は、何より「お茶の文化」を大切にされていて、
この茶寮をオープンしたのも、茶葉の本当のおいしさ、
お茶の文化をもっと広めていきたいという想いがあったから…
というのを熱く語ってくれました。

IMG_6407

取材では、何だかもう、儲け度外視してんじゃ? というくらい高級茶葉を贅沢に使ったパフェとか
日本酒が隠し味になったわらび餅とか、トロリと濃厚なお濃茶とか…
テーブルの上がいっぱいになるくらい試食させていただき。
ひたすらおいしかった。

特にお濃茶、これだけ濃いのに苦みだけじゃない旨味も感じられて
思わず抹茶好きの両親にお土産を購入。

メニューの根底にあるのはどれもお茶のおいしさ、
お茶を飲む楽しさを感じてもらいたいという想い。

庭園がある広々とした敷地に開放的なカフェ空間。

ここ行くためだけに宇治に行ってもいいな、
今度親が来たら連れてきてあげたいなって思ったのでした。

詳しくは記事でぜひ!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!