イクメン大使、ミッコさんの講演「フィンランドのイクメン事情」レポート、書きました。

  • ブックマーク

以前、フィンランド大使館に勤務するミッコ・コイヴマーさんにインタビューさせていただいたこと、
ブログに書きましたが、 そのときのレポートが、関西日本・フィンランド協会のサイトで
読めるようになっています!

こちら→ 

テーマが育児ということもあって、原稿書くのに熱がこもりすぎて、
ものすごい時間がかかってしまったという…。
山田ねーさんにも校正をお願いして、ようやく書き上げた渾身のレポート、
イクメンに興味ある方もない方も、ぜひ読んでみてください。

そして、このイケメンかつイクメン大使、ミッコさんが来月にまた
神戸で講演されるそうなので、お近くの方は行かれてみてはいかがでしょうか! 

 

 

無料な上、定員10人までは一時保育までしてくれるという素晴らしい対応。

ミッコさんの著書もオススメです。

 

フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て

 
かまくら春秋社

そして、関西日本・フィンランド協会では、来年創立35周年を記念して、
ヘルシンキで流鏑馬を披露し、お茶会を開くという一大イベントを予定しているのですが、
何と!わたくし!この度、実行委員に選ばれて、お手伝いさせていただくことになりました。

私ごときに何ができるか分かりませんが、何とか力になればと思っています(ドキドキ)
で、先日ですね、その実行委員会が、裏千家総本部の会議室で行われ、私も参加してきました。

会議室についたら、スーツを着こなしたダンディなおじさま達が揃い踏み。
それもどこかの会社のお偉いさんばかり。
白いワンピースを着て、ふわふわと現れた私はホント場違いも甚だしい…。 

ですが、とりあえずやれることは全部やろうと思っています。
私にできることは、微力ながら広報くらいか。

関西日本・フィンランド協会ってなに?って興味を持たれた方、
とりあえず会員になってみませんか(笑) 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。