WBCもうすぐ開幕!スポーツが楽しめるスポット満載!「TOKK3月1日号」発行されてます。

  • ブックマーク

いよいよ今週末から、WBCが始まります!

それにちなんで、今回TOKKでは、「プレーするだけがスポーツだけじゃない」をテーマに
いろいろな形でスポーツが楽しめるスポットをあちこち紹介しています。

今回のカメラマンさんは、ナリタナオシゲさん。
この写真、なかなかいいのが撮れたと思う(笑)かっこい~☆ 

で、今回も取材でいろんなところに行かせてもらって、どこも面白かったんですが、
わたくし人生二度目の甲子園球場が、心底面白かった!

甲子園球場に、「甲子園歴史館」というミュージアムがあるのですが、
そこでは、スタジアムの裏側が見られるツアーも開催。
そのツアーに参加したら、グラウンドに出られるんですよ。

これ、絶対に参加した方がいいですよ!
ものすーごい楽しかったですから!
選ばれた人しか立つことのできない場所…!と思うと大興奮。 


そして、浮かれている私をナリタさんが撮影。
 

 

 

歴史館からは、こんな眺めが見られる場所も!

あとは、女子プロ野球の選手にもインタビューしています。

これがまた、近くでプレイするところを見たら、本当にカッコよくて!
危うく惚れそうになるくらいのカッコよさでした。

やっぱりプロの投球は違います。

こんなかっこいい迫力のプレイを間近で楽しめるなんて、
スタジアム観戦ちょっと行ってみたい!と思ったのでした。

詳しくは、ぜひTOKKをご覧くださ~い☆
 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。