お知らせ諸々。

  • ブックマーク

緑豊かな比叡山にあるホテル「ロテル・ド・比叡」のシーズンインフォメーションで
キャッチやリードなどのテキストを担当しましたー。

書いているときは、まるで自分が、初夏の気持ちいい山頂にいるかのような気分で(笑)

インフォメーションを手に取った人が、
この上なく気持ちいい風景を思い浮かべてくれたらいいなぁ。

このチラシ、私は、京阪「出町柳」駅に置いてあるのを見つけましたが、
どこかで見かけられましたら、ぜひ手に取って見てみてください~。 

ホテルからすぐのところにある、ガーデンミュージアム比叡も、
今の季節がホント一番いいんじゃなかろうか。
過ごしやすくって、お花もいっぱい咲いていて。 

 

さて。

昨年からずーっと作業をしていたココチ本、いよいよ今週入稿です!
当初、80ページくらいの予定だった本が、
160ページもの大作に仕上がっております(ほとんど麻衣さんが仕上げた)

このうち、私が作業したのは50ページくらいでしょうか。

麻衣さんが書いたテキストも校正させてもらったのですが、
私が逆立ちしたって書けないような素敵な文章で、ホントもうなんていうか。
文章って、上手い下手じゃないんだなぁと思った次第。

もう感性だから。

私にはその感性がないから、絶対、麻衣さんのような文章は書けない。
かなしいけれど(笑)
とにかく、いい本になっているのは間違いない。

ココチは6、7、8月とお休みされて、9月に再オープン。
ということで、お店に本が並ぶのは9月を予定しています。

これからいったん全ページを印刷して、文字校正をして、写真の色を見て
最終的に印刷に回すというスケジュール。

そして、これは昨日のおやつ。毎週これを楽しみに作業をしていたのでした。

 

昨日はココチに、ある本の取材クルーが訪れておりました。
カメラマンさんは、私の大好きな女性カメラマン、津久井さんでしたー。 
偶然だけど、久しぶりにお会いできてうれしかった♪ 

 

私の好きな働く姿、撮らせてもらいました。ふふ。

あと京都本の奥付でよくお名前を拝見するライターさんにもご挨拶させてもらいました。
(京都本の奥付チェックは欠かせない)
この本の発売はまだ先だそうですが、こちらも楽しみです。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。