大好きなパン屋さん取材。

  • ブックマーク

ちょっと足を伸ばして大阪まで、とあるパン屋さんへ。
カメラマンさんは、久々の再会、同い年のナリタさん。 
相変わらず、ひょうひょうとした感じで撮影してくれます。
しかし、ナリタさんの、あっという間に現場を和ます力はすごい。なんだろ、あれ。 

紙面では、パンを4~5種紹介するので、購入ののち、
家で試食してから記事を書きます。
ハード系のパン、大好きなので、嬉しくてしょうがない(笑)

で、お店の人の話で印象的だったのが、こういったハード系のパンは、
20~30代の人に、主に購入してもらえるかなとオープン前は思っていたそう。

そしていざお店を始めたら、意外にも50~60代、
団塊世代の人が好んで買ってくれるのだとか。

噛みしめるほどに、おいしさがじんわり感じられるハード系のパンって、
しっかり硬いものを食べて育った人たちには、そのおいしさが伝わるけれど、
今の人たちは、柔らかかったり、甘かったり、そういったパンの方が
受け入れやすいのかなぁ、というお話。 

あと、お店に来たお母さんがときどき
「子どもでも食べられる、柔らかいパンはないですか」って聞いてくるのだそう。

いや、歯の弱くなったおじいちゃん・おばあちゃんならいざ知らず、
子どもだからって、わざわざ柔らかいパンを与えなくても…。
という笑えるような、笑えないような話も。

確かに、硬くてなかなか噛みきれないようなものは、子どもが嫌がるから 
さくさく食べてくれる柔らかく、口当たりがいいものをあげたくなるのだけどね。
それじゃあ、アゴも鍛えられないよね。 と、興味深く店主のお話を伺ったのでした。

ちょうど昨日の朝日新聞で、
〈私の視点〉「噛まない子どもたち 短い中学校の昼食時間」 
という歯医者さんが書いた記事を読んだところ。
→→ 最近の学校の昼食時間は15分くらいと短く、みんな噛まずに飲み込み、
    すごい短時間でご飯をたべてしまうといった内容だったかな、確か。
    それで、せめてしっかり噛んで食べてもらいたいというのが、歯医者さんの意見。
    …ざっくりすぎてスミマセン。

子どもには積極的に硬いもの、食べさせよ。
とパン屋さんの取材に行って、そんなことを感じたり。

やっぱり取材って面白いなぁ。

というわけで、本日も午後からパン屋さん取材へ行ってきます。
向こう一週間分くらいはパンに困らない、な。 

記事が発行されたら、またお知らせしまーす。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。