大好きなパン屋さん取材。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

ちょっと足を伸ばして大阪まで、とあるパン屋さんへ。
カメラマンさんは、久々の再会、同い年のナリタさん。 
相変わらず、ひょうひょうとした感じで撮影してくれます。
しかし、ナリタさんの、あっという間に現場を和ます力はすごい。なんだろ、あれ。 

紙面では、パンを4~5種紹介するので、購入ののち、
家で試食してから記事を書きます。
ハード系のパン、大好きなので、嬉しくてしょうがない(笑)

で、お店の人の話で印象的だったのが、こういったハード系のパンは、
20~30代の人に、主に購入してもらえるかなとオープン前は思っていたそう。

そしていざお店を始めたら、意外にも50~60代、
団塊世代の人が好んで買ってくれるのだとか。

噛みしめるほどに、おいしさがじんわり感じられるハード系のパンって、
しっかり硬いものを食べて育った人たちには、そのおいしさが伝わるけれど、
今の人たちは、柔らかかったり、甘かったり、そういったパンの方が
受け入れやすいのかなぁ、というお話。 

あと、お店に来たお母さんがときどき
「子どもでも食べられる、柔らかいパンはないですか」って聞いてくるのだそう。

いや、歯の弱くなったおじいちゃん・おばあちゃんならいざ知らず、
子どもだからって、わざわざ柔らかいパンを与えなくても…。
という笑えるような、笑えないような話も。

確かに、硬くてなかなか噛みきれないようなものは、子どもが嫌がるから 
さくさく食べてくれる柔らかく、口当たりがいいものをあげたくなるのだけどね。
それじゃあ、アゴも鍛えられないよね。 と、興味深く店主のお話を伺ったのでした。

ちょうど昨日の朝日新聞で、
〈私の視点〉「噛まない子どもたち 短い中学校の昼食時間」 
という歯医者さんが書いた記事を読んだところ。
→→ 最近の学校の昼食時間は15分くらいと短く、みんな噛まずに飲み込み、
    すごい短時間でご飯をたべてしまうといった内容だったかな、確か。
    それで、せめてしっかり噛んで食べてもらいたいというのが、歯医者さんの意見。
    …ざっくりすぎてスミマセン。

子どもには積極的に硬いもの、食べさせよ。
とパン屋さんの取材に行って、そんなことを感じたり。

やっぱり取材って面白いなぁ。

というわけで、本日も午後からパン屋さん取材へ行ってきます。
向こう一週間分くらいはパンに困らない、な。 

記事が発行されたら、またお知らせしまーす。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。