寺町の乙女な雑貨屋さん「coeur(クゥ)」

  • ブックマーク

ココチの麻衣さんに教えてもらった雑貨屋さんへ行ってきました。
寺町二条を上がった西側2階にあります。一保堂茶舗本店のちょうど真向かいくらい。
ビルの入り口はこんな感じ。

2階にあるので、私ちょっと迷いましたが。
階段を上がって店内に入ると、すんごく素敵な世界が広がります。

作家でもあるオーナーさんがセレクトした布小物やアクセサリー、洋服などが並びます。
もう、そのセンスがほんっと、素敵!
商品も素敵だけど、見せ方も可愛らしい。上質な乙女の世界といった感じ。
パリのアンティークショップを思わせるような。
あぁ、お店ごと買い占めたい。

ヘアゴムやら、キーホルダーやら、ブローチなど。

このテーブルコーディネートがまた、すごく素敵。
今この写真は私の携帯の待ち受け画面になっています。
画面が目に入るだけで、なんだかハッピーになれる♪

どれもこれも可愛らしくて、目移りします。
繊細できゃしゃなアクセサリーたち。

こういう入れ物って、どうしてこんなに魅力的なんでしょう。
散々迷って、円柱タイプの入れ物(大)を購入。
コーヒーの粉を保管するのに使っています。

 

アロマオイル、だったかな。

洋服コーナーもあります。

麻衣さんとお知り合いということで、オーナーさんとも
ちょっぴりおしゃべりさせてもらいました。
可愛らしい魅力的な方で、同い年ということで、なんだか勝手に親近感。

coeurのブログを見ていたら、これまた素敵なお花のボールペンが紹介されていました。
たまらん可愛すぎる!
あと、お店で見た時も可愛いなぁと思っていたけれど、
このブレスレット
、やっぱり欲しいなあ!

新しい商品も続々と入っているようなので、ぜひまた見に行きたい。

couer
住所:京都市中京区要法寺前町707-2 千田ビル2F
電話:075-254-8651
時間:13:00~20:00 木・毎月22日休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。