『ソーシャル時代のセルフブランディング 個人で勝負するための「自分プレゼン力」の高めかた』に参加!

  • ブックマーク

ツイッターで活躍を拝見していて、とても気になっていた人、安藤美冬さんが
大阪で講演会をするということで、はりきって申し込んでみました。

紹介文から引用すると、

安藤美冬さんは、集英社を経て独立。
大手企業や個人と契約し商品やサービスに対するコンテンツをつくり出し、プロデュース中。
SNSによるセルフブランディングを得意とし、
「一切営業することなく仕事をしているフリーランスの女性」

とのこと。

yahooニュースのインタビュー記事も興味深い→

仕事に取り組む姿勢や考え方にすごく共感するし、憧れます。

私が独立した頃は、ツイッターはなく、フェイスブックもそれほど活用されていなかった頃。
始めの頃は、直接営業に行ったり、紹介してもらったりして、仕事を増やしてきましたが、
最近ではブログを通してお仕事をもらうことも増えてきて、
もっとブログやツイッター、フェイスブックを活用できるのでは…と思案中。

一番最初にとある編集部へ営業に行ったときは
訳も分からず、名刺すら持たずに行ったという…。

やんわり「名刺作った方がいいよ」と言われて帰ってきました(当たり前)
今考えると、名刺も持たずに営業に行く勇気がすごい。
しかも当時29歳で、若いからといって許される年齢でもないし!
何も知らないって強い。

今や本を何冊も出している近藤雄生さんだって、
最初から順調に仕事をもらえた訳ではなく、自分から書いた記事を編集部に送ったり、
好きな作家さんにも原稿を送ったりしていたというのだから。

私ももっと何かできるはずと、あれこれ動いているところです。

まだ定員に余裕があるみたいなので、興味のある方はぜひ!

申し込みはこちらから→

—————————-

安藤美冬さんのTwitter Blog

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。