今日も薪割り

広告

昨日に続き、今日も薪活動。薪活動に終わりなし。

というわけで、お寺さんの倒木を薪にするために行ってきました。庭が美しくて、ここに来るだけで深呼吸したくなる。

10歳の息子も、みんなが薪割りするのを見ていたら自分もやりたくなったようで、途中から参加。

薪ストーブのおかげで、強制的に森の中で過ごすようになって、それがとてもいい。森の中は気持ちよくてリフレッシュできるし、疲れるから、夜、よく眠れる。健全だ。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!