コトスタイルさんのお仕事で、インタビューしつつお食事「こりょうり ひろめ」に行ってきました!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

今日は店舗リフォームなどを手掛けるコトスタイルさんのお仕事で、「こりょうり ひろめ」のオーナーさんにインタビュー。

蔵のような雰囲気のいいお店。

お客様として営業時間に来て、食事しながらインタビューしてください、という嬉しい提案で…!

インタビューをひととおり終え、梅酒ロックと鯖きずしをいただきます!

きずし、染み入るおいしさ。

ハムカツが、こんなにおいしいなんて。どんなハムなの。おいしい。

お店のロゴマーク・富士山と同じ箸置き。かわいい。

これで仕事が終わればいいんだけどな!原稿を書くという大仕事はこれから。

こんな楽しいインタビュー仕事が、増えたらいーな。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします