ルゴールの2号店は喫茶店風、カフェ…「coLugo」

  • ブックマーク

新町御池にあるルゴールが10周年を記念して2号店をオープンされました。
で、そのレセプションにお招きいただき、行ってきたのです。
といっても、これももうすでに1ヶ月前の話で…。本当いろんなことが滞っている最近。

「カフェ&ギャラリー ルゴール」の子どもということで
お店の名前は、「カフェ コルゴ」。

御池のルゴールは、私が京都で一番多く行ったカフェかも!
というくらい思い入れのあるお店。
なので、10周年を迎えられたこと、新店舗をオープンされることがとても嬉しく、
同時にルゴールに通っていた日々を懐かしく思ったのでした。
もう何年も遠ざかっていたのに
この日、店長のサスケさんが、「よくルゴールにいらしてましたよね」と
覚えていてくれたことがとっても嬉しかった!

コルゴの店内の雰囲気はルゴールとはまた違って、70年代というのか?
濃いブラウンのタイルが効いてます。
ちょっとレトロで、大人な空間。でもかっこいい!というよりは、渋い。
おっさんくさい感じが(もちろん、いい意味で、笑)私はいいなぁと思うのです。

内装については、プロデューサーのあらたさんにいろいろお話を聞くと、
それはもういろいろなところにこだわりが。
おしゃれなカフェ的要素もあるけれど、どこか喫茶店風。という印象は、
やはりそんなイメージで仕上げたかったそうで、
ブラウンのタイルはデッドストックのものを使っているとか、
昔懐かしい喫茶店を彷彿させる黒の丸椅子だとか、
テーブルには、70年代、喫茶店の定番だったスモークガラスを採用するだとか…
それは、あらたさんのブログに詳しく載っているので興味のある方はぜひ。

内装だけではなく、カップ&ソーサー、シュガーポットやミルクピッチャーも渋め。
シュガーポットとミルクピッチャーは、「コイヌ」というシリーズだそうで、
主に業務用で使われることが多いとか。

シンプルで上品過ぎず、柔らかな印象のフォルムもいいし、家でも使いたい。
なにより「コイヌ」という名前が可愛すぎやしませんか。

この日はレセプション用にいろいろな料理が出ていましたが、
ランチは、日替わりが全て900円で3種、
お酒に合うディナーメニューもいろいろあるようです。

私はルゴールのむっちりとした食感の自家製パンが大好きだったんですが、
ここでもおんなじ味のサンドウィッチが食べられて
「あ、ルゴールと一緒!」と嬉しくなりました。

場所は、御池中学校のちょうど北側辺りと、街中にあって何かと便利そう。
また取材の合間にでも伺おうと思いまーす。

cafe coLugo
住所:京都市中京区押小路通富小路西入ル橘町641 京都建設会館別館
1F
電話:075-255-3375
時間:10:30~23:00(L.O.22:00) 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。