安くておいしくて、そしてかわいらしい「定食屋soto」

  • ブックマーク

先日の取材の合間、カメラマンさんとランチしたお店「定食屋soto」。
超うまい本で知って以来、行ってみたいなぁとチェックしていたのです。

安くて早くて、しっかりお腹いっぱいになる、そんな定食屋さんは大好きですが、
サラリーマンでいっぱいとか、常連さんばかりとか、そんなお店は入りづらい。
で、ここは、唐揚げ定食、サバの味噌煮定食とか、定番の味が楽しめる
しっかり本気の定食屋さんなんですが、とっても可愛らしく、女性一人でも入りやすい。

 

お店は、新風館の裏っかわ辺り。姉小路通りに面したビルの地下にあります。
オシャレなお店が並んでるというイメージの烏丸三条エリアで定食屋というのも新鮮な感じ。

豚のしょうが焼きとかハンバーグとか、ベタなメニューがうれしい。
そして、何より1000円前後のランチが多いエリアで、この価格!
お得な気分になります。しっかりボリュームもあり。

この日の日替わりランチは、メインがかぼちゃのコロッケと、イカのフライ。
白菜とセロリの煮浸しに、冷奴の小鉢。
あとご飯は、白米か十六穀米か選べます。

甘く食べ応えのある十六穀米、オイシ。
コロッケもどーんと大きく、ホントお腹いっぱいになりました。

ただ、喫煙自由なんですね、ここ。
入った瞬間にタバコの煙がふわ~っとなったことだけが、残念…でしたが、
それ以外は、予想通り、おいしく安く、持ってくるのも早く、いいお店でした。

定食屋soto
住所:京都市中京区姉小路通東洞院東入ル笹屋町446 井上ビルB1F 
電話:075-212-5161
時間:11:30~24:00 無休 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。