京都・左京区「五右衛門カフェ」に行ってきた!

  • ブックマーク

またまた行ってきました、五右衛門カフェへ。

おばあちゃん家に来たかのような寛ぎ感。はぁ〜、落ち着く。

今日のメニューはこんなでした。身体に良さそうなスイーツがうれしい。

あんみつを注文して、娘と2人で「分けようね〜」と言っていたら、それを聞いていた珈琲山居の方が、「2つの小鉢に分けて持ってきますね」と言って、持ってきてくれたのでした。

こういうの、うれしいなぁ。

深煎りの豆で淹れたカフェ・オ・レと、ラムをきかせたチョコレート。合う!

コーヒーはしっかりとしたコクと苦味があって、まさに私好み!!美味しかった〜!

子ども用に、レモンジュース。サッパリした甘さ!

蔵だった空間を図書館にしたところ。読んでみたくなる絵本がたくさん並んでた。ホントこの場所は、なんて素晴らしいんだ。

今はお客さんとしてお金を落とすことしかできないけど。

こういう場所がこの先ずーっと存りつづけてほしいので、もう少しお金の余裕ができたら、寄付とかできたらなぁと思う。

気になった本があったのでメモ。アマゾンにもあった。評価がかなり高いな!また読みに来ようっと!

子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
澤田 敬
童話館出版
売り上げランキング: 192,959

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。