カメライター&女子3人で会食

広告

先週に引き続き、今週もカメライターのお仕事。
毎回、どう撮ったらいいのか悩み、汗だくになりますが、
まぁ、お店が可愛い、もしくは雰囲気がいいのだから、
どう切り取っても絵になるだろうと、開き直りでやっています。

8カットの撮影&取材に、2時間。
1店舗に付き100枚は撮っている。
これって時間かかりすぎ?そして、枚数的には多いの少ないの?

でもまぁ、お店に長い時間いるので、
いろいろ思いもしなかった話を聞けたり、
お店の方と打ち解けたり、お茶を出してもらってホッコリしたり。
すごくいい時間を過ごせているのは間違いない。

で、金曜の夜には、またまたライターの山田涼子さん
イラストレーターの辻ヒロミさんの3人で
四条烏丸のイタリアン、イルギオットーネへ。

…お店の紹介はまたにするとして。

女3人が語り合ったこととは。
男性の好みについて、フリーという仕事について、
読書の楽しみについて、向井理について。

私が、もやもや漠然と感じていることについて、
山田さんが常に的確な言葉にしてくれるので(さすがライター!)
なーんか頭の中が整理されたようで、すごくスッキリ。

同じモノを見ていても、私たちライターと、イラストレーターさんとでは
見る視点が違っていたり、いろんな発見のある豊かな時間を過ごしたのでした。

働く女子が集まるこの会食、ぜひ定期的に開催したい。

と、いうわけでイルギオットーネのほか、

 

美山に行ったり、太陽カフェに行ったり
紹介したいところはたくさんあるんですが、
まずは、開催が明日までのこちらから。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!