田中幹人PHOTO EXHIBITION~あぶない所へ行ってみよう~

  • ブックマーク

今週の火曜日からすでに始まっていますが、
とっても面白そうな写真展がやっています。

このブログに何度も登場してもらっていますが、
カメラマンの田中幹人さんが
個展を開催しています。

「あぶない所へ行ってみよう」というタイトル通り、
幹人さんが実際に危ないところへ行って
写真を撮って、それらが展示されているわけです。

DMを見ても分かるとおりシンプルな写真がほとんどなんですが、
写真をよーく見てみると、何でそんな場所に人がいるの?みたいな
本当に危険すぎる場所に幹人さんが写っているので
合成では?と疑いたくなるほど。

でも実際にその場に行っているというのだから、ビックリ。

モノクロでシンプルな写真なのに、
そんな事実が隠されているという面白さ、ギャップに
なんか惹かれてしまうのです。

幹人さんの意図する写真は以下のような感じ(HPより)

——————————-

あぶない所へいってみよう

高いトコロ。水際ギリギリ
観覧車の…上。

つい、「もしそこに人がいたら…」と
想像してドキドキしてしまいます。

そんな写真を撮りたい。

でも、そんな危ないトコロ、
誰も行ってくれません。
なので、自分で行くんです。

構図や露出を決定したら
あとは信頼する友人にシャッターを任せて。

えっちらおっちらあの高いところまで。
時にはずぶ濡れになって。

バカみたいでしょう?
そう思って、笑ってもらえれば本望です。

—————————–

この中に出てくる「信頼する友人」を私は知っていますが、
ものすごい山奥に連れて行かれて、
ものすごい苦労して撮影をしているのを知っているので
それが、こんな仕上がりになるのかーと見るのもまた楽しい。

かっこいい写真のはずなのに、この写真1枚撮るためにした苦労、
行程を思うと、プッと笑えて心が和やか~になってしまう。
週末に行く予定ですが、今から取っても楽しみなのです。

写真は、幹人さんのHPのprivate photoでも見られます。

田中幹人PHOTO EXHIBITION~あぶない所へ行ってみよう~

期間:5月25日(火)~5月30日(日)
会場:同時代ギャラリー
住所:京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル1階
電話:075-256-6155
時間:正午~19:00
※30日は16:00~18:00までクロージングパーティ

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。