本、出ましたー。「京都 開運さんぽ道」

  • ブックマーク

9月にあちこち取材に行っていたものが
ようやくカタチになりました。

ダイヤモンド・ビッグ社から発行された
地球の歩き方BOOKS「京都 開運さんぽ道」。

すーごく可愛らしい本なので、
とりあえず1冊手元に置いておきたい!
という感じ。定価(税込)1575円です。

私は、カラーセラピストの草木さんや、アロマセラピストの芽美さんのページ、
ブログでも紹介しているお婦久軒萬春宝泉堂など、ショップ紹介を14件ほど。

あと、今回初めてコラムも書かせてもらいました。
扉のコラムや、アート、音楽のコラムなど。
ショップ紹介やインタビュー記事は、聞いた話をいかにまとめるか、
にあるのだけど、コラムとは、自分の中にあるものをどうやって搾り出すか…
というイメージで、それがすごく新鮮な作業だったのでした。

乙女な感じで…、ほんわかしたムードで…
と漠然とした注文をもらい、四苦八苦して書き上げたもの。
妄想の世界を広げるのも、意外と楽しかったり。

肝心な本の内容はというと、
「運気アップに御利益がある京都の旅を提案する本」
で、取材はもちろん運気アップするであろう場所を巡ったわけですが、
運気アップするんだ!と思って行くと、本当に運気アップしたような気になって。
実際、この仕事をしてからというもの、
原稿でポジティブな言葉をたくさん使うようにしていたから、
前向きでハッピーな日々を過ごせるようになった気もするし、
いいお仕事をたくさんもらえるようになった気もする。

って、気の持ちようですけどね。

桜の名所とか、紅葉の名所とか、
普通の京都観光に飽き足らない人に、
ちょっと違った視点から京都観光を楽しめるオススメの1冊だと思いまーす!

 

京都 開運さんぽ道。(地球の歩き方Books)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,119,673

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。