北欧のヴィンテージ食器が揃う「MAISEMA(マイセマ)」

  • ブックマーク

息子、保育園3日目。
預かってもらうのは2時間から一気に長くなって、今日は5時間。
うーん、まだまだ複雑。
と、感傷に浸りつつも、息子のいぬ間に
以前仕事でお世話になっていたところへ
仕事復帰のお知らせメールを送り、営業活動。

そしたら、電話かかってきました!ふふ。
一番お世話になっていた某編集部より。
さっそく来週、�燗�屋で取材。あーざーす!
焦らず、ボチボチやっていきましょう。

さて、昨日に引き続き北欧のお店を紹介。
寺町二条にある、マイセマ。北欧の食器、とくに60~70年代の
ヴィンテージものを数多く扱っています。

ビルの2階にある小さな一室がお店。
広さは8畳?10畳?ないくらいの小さなお店なんだけど、
店内には床のすぐ上から、天井まで所狭しと食器が並んでいます。

北欧といってもフィンランドがメインで、
店主の粟畑さんが数ヶ月に一度買い付けに行くほか、
現地スタッフとの協力で、コンスタントに仕入れを行っているそう。

粟畑さんはヴィンテージ食器について、とても詳しくて
デザイナーさんのこととか、絵柄のこととか
何を聞いてもきっちり答えてくれて、とっても頼もしかった。

北欧モノが好きな人なら店内の食器をじっくり眺め、
粟畑さんの話を聞くだけでもお店に行く価値があるかも。

欲しいヴィンテージモノがあるなら、粟畑さんに相談すれば
探してきてくれる?かもしれません~。

マイセマ
住所:京都市中京区寺町通り二条下ル妙満寺前町455 カサメント清水2F
電話:075-211-8105
時間:13:00~19:00 不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。