京都駅でひと休み「ポータル カフェ」

  • ブックマーク

昨日から年末ジャンボ宝くじが売り出されましたが。
買う前から、3億円当たったらどうしよっかなぁ~と夢を膨らませております。
まず家を買って、世界一周旅行に行って(飛行機かクルーズか迷い中)、
それでもまだまだ余っちゃうなぁとニマニマ。
でもまぁ、買わないと当たりません。

さて、三連休中に広島から友達が遊びに来てくれたので、京都駅で待ち合わせ。
どこか分かりやすいお店ないかなぁと思いついたのが、
南北自由通路にできたスバコ内の「ポータル カフェ」。

 

ここは改札口を出てすぐ正面にあるので、とっても便利。
雑貨やパン屋さんなんかも入っています。

ポータルカフェは、朝7時から開いていて、
モーニングビュッフェ(820円)なんてのもあるみたいだし、
ランチやディナーにも対応したメニューが揃っていて、なかなかの充実ぶり。

そして、もちろん軽食も。

 

こちらは、ドリンクと好きなケーキが選べるケーキセット。
600円くらいだったかな。

店内は、ボックス席とテーブル席。
入り口は狭いけれど、奥へ行くと結構広い。
店内にある大きなモニターには映像が映し出されてたりして、
カジュアルなアメリカンといった雰囲気。

立地も良いし、値段も手ごろだし、
待ち合わせの他にも何かと便利に使えそうです。

ポータル カフェ
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
スバコ・ジェイアール京都伊勢丹 2階
電話:075-342-2577
時間:7:00~23:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。