一休コンシェルジュで 「アマン・スパ」の体験記を書きました!

  • ブックマーク

あの!あのラグジュアリーホテル「アマン」のスパを体験し、記事を書かせてもらいました!

アマンのような高級ホテルは私の人生に一切関係ないと思っていたのですが。今回初めて足を踏み入れてみて、アマンの作り出す世界観に一気に惚れ込んでしまいました。アマンは、ホテルを建てるその地の文化をとても大切にしていて、滞在することでその国の文化に触れられる、深く知るような仕掛けを盛り込んでいるそう。

私が心奪われたのは、ホテルの立地。深い森の中にあって、この新緑の中をあるくだけで、心底ワクワクして、同時に癒されて。

元々この敷地は西陣織に関わっていた方が巨大庭園を造ろうと予定していたところなのだとか。お寺の境内をあるいているような、京都の古い歴史が感じられる空間。

スパを体験できる棟もすっぽり緑に覆われていて。私はここに身を置くためだけにまた来たいと思ったほど。

記事では写真たっぷりにスパの魅力を紹介しているのでぜひチェックしてみてください!

体験後、またアマンに来たい!と思ってサイトをくまなくみていたら、アマンの温泉に1ヶ月入り放題のパス(マンスリー温泉プログラム)を発見。

おいくらかしら?と思って確認したら、10万円だった…!!!

アマン。アマン…本当に何もかもが素敵な空間だった。
この取材のおかげで、世界中のアマンを泊まり歩くのが、私の新たな夢となりました…!!!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。