そうげんカフェの2階で「そうげんヨガ」

  • ブックマーク

まいまい京都でも案内している「そうげんカフェ」
その2階がヨガスペースとなった昨年秋から、
ここの「そうげんyoga space samatwa」に通っています。
2016-05-13-13-23-44
ヨガは会社員だった頃に習っていてたぶん3年くらい通っていたのですが、
転職と同時に辞めてしまい、1人目を出産した頃から
また運動を始めたいなぁと単発であちこちの体験教室へ。
(→四条烏丸のスタジオで、ピラティス初体験
そして、ようやくようやく通い続けたいなぁという教室に出会えたのでした。

教室というより、この先生についていきたいなぁという先生にやっと出会えた!という感じ。

スポンサーリンク

そうげんカフェ2階のヨガ教室「そうげんヨガ」

マタニティヨガとかホットヨガとか、とにかくいろいろな教室に行ってみたけど、
私にとってヨガ教室を探すということは、美容室を探すのと同じ感覚で、
「合う」人が見つかるかどうか。

そうげんヨガの先生、陽子さんは、何というか文字通り息が合う(と、私が勝手に思っている)
ヨガをするときは身体の動きだけじゃなくて、呼吸をするのもすごく大切なのですが
この呼吸のタイミングが、指導によって先生によっては、
いつしたらいいか分からない、いつの間にか息止めてて、あれ苦しい?
みたいなことがたまにあって(私だけ~?)。

でも陽子さんの場合、それが一切なく、自分なりに呼吸をしながら
それに合った動きができるので、それがすごく心地よくて。

ときどきポーズをとったときに、ギュッと身体を押してもらったり、
一番最後のリラックスして身体を休めているときに
肩と首をグッと押してもらえるのも、どんなマッサージよりも気持ちいんじゃないかと思ったり。
2016-05-13-13-23-36
2016-05-13-13-22-57
あと陽子さんのポーズが本当にきれいで、しみじみ見とれる。
「こうなりたいなぁ」という人が目の前で指導してくれるってすごいことなんじゃないかと。

少人数制なので、すごく丁寧に指導してもらえるし、
大きな窓からは白川通のキラキラした並木が見えるのも気持ちいい。

たまに参加者私1人だけってときは、自動的に個人レッスンになったり。
2016-05-13-13-23-53
教室には先生の娘ちゃんもいるのだけど、本当に大人しく静かに待っていてくれるので、
もう「奇跡の子」と私は呼びたい。うちの娘は絶対無理。
2016-05-13-13-23-08
何よりうれしいのが、レッスン1回1800円という価格。
5回券7000円というのもあって、これだと1回1400円。
街中のヨガ教室ならたぶん1回3000円くらいするから、それを思うと破格!
(でも陽子さんのヨガなら3000円でも通う)

なんかもういいところ上げるときりがないし、
あんまり人気が出て予約が取れなくなるのもアレなんだけど、
紹介せずにはいられない、そうげんヨガ。

あ、そうそう、今週末5月21日(土)には、京都市左京区の田中神社で

ヨガも体験できる、素敵なイベントを開催されるようです。

ヒトシズク

ヨガは無料&申し込みも不要だそうです。
新緑のこの季節、野外でヨガなんて、気持ちよさそう~。
興味ある方はこの機会にぜひ、陽子さんのヨガ体験してみてください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。