オーダーメイドの鞄、出来上がりました♪

  • ブックマーク

先日、鞄をオーダーしました~と浮かれたブログを書きましたが、
ついに完成しましたよ~。 じゃーん。

か、かわいい。

マスタード色に、ターコイズブルーが映えます。うん。素敵~。
気になるお値段は7,200円。あれだけわがままなオーダーをしたのに! 

持ってみたら、想像以上に軽い!
帆布生地って丈夫でしっかりしたイメージだったので、もっと重いのかと思っていたんですが、
この鞄は軽いし、でも丈夫さはきちんとあるし、で素晴らしい。

さっそくアチコチ取材場所に連れて行っています。

そして、マスタード色が目立つのか「鞄、可愛いね~どこの?」と聞かれることが多くて
私ますます嬉しい(笑)

昨日も初めてご一緒させていただいたカメラマンさんに、
「あのー、思ってたんですけど、鞄かわいいですよね。どこで買ったか教えてください」
って言われて、嬉々として教えてあげたのでした。

トートにして持つとこんな感じ。ショルダーの紐をたらしても可愛い。

紐を短くしてショルダーにしたところ。

ポケットをたくさんつけてもらったので、本当に便利。
外のポケットには、ペンを差したり、名刺入れ、
PITAPAカードなどを入れておいたら、さっと取り出せる。

 

中には4つポケットを作ってもらって、手帳も財布も家の鍵も、迷子にならない。
これ、本当に便利~♪ 

トートバッグは、中にポケットひとつだけっていうのばかり使っていたので、
便利さに感動しています。

中のポケットは、私の普段使う手帳を見て「結構分厚いな」ってことで
大きめの余裕があるポケットにしてくれたそう。サイズ感ぴったし!

中がぐちゃぐちゃになって、
よく探し物をしていたあのイライラ感が一切なし。

まあちゃんのブログでも素敵に紹介してもらっています。
こちらの方が写真が素敵で、イメージに近いかも。

まあちゃん、ありがとう~☆

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。