パン屋のち、フレンチ懐石のお店

  • ブックマーク

先日のパン屋さん取材続き。この日は、初めましてのカメラマン、佐伯慎亮さん
何も知らずご一緒させてもらいましたが、HPを拝見したら、女版・梅佳代みたいな、
魅力的な写真を収めた写真集を出版されていて、す、すごい!

おまけに広島出身、実家はお寺と共通点がいろいろあり、
次回ご一緒させていただいた暁には、ぜひその辺りのお話を聞いてみたい。

そして翌日は、祇園のお店へ。

 

この日のカメラマンさんは、畑中勝如さん。
前回いつお会いしたのか忘れるくらいお久しぶりでしたが、相変わらずな感じで
楽しくお仕事をさせてもらったのでした。

それにしても、暴走事故の翌日ということで、祇園は、その話題で持ちきり。
現場の横を通ったけれど、報道陣が盛りだくさん、
お花もたくさん手向けてあって、そんなシーンを目にするのは、
本当に胸が痛く、心も沈む。 

 

そして先週とうってかわって、今週は取材予定、今のところなし。
(はっ!そういえば、平日には取材はないけれど、週末にはいよいよ、
今年も宝酒造の「田んぼの学校」取材が始まるのでした)
のんびり本を読んだりして、やり忘れてたことなどして過ごそうかと思います。 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。