明日、京都水族館オープン!先週、取材に行ってきた様子をチラ見せ(笑)

  • ブックマーク

某媒体の取材で、先週は久々の取材三昧でした。
動物園に水族館に、数年分は満喫したのではないかと思います。

 

こんな感じで、可愛らしい編集さんと一緒にあちこち巡ってきました。
若いのに、とてもしっかりしていて、おかげで私はしっかり取材に集中することができたのでした。
ありがとうございます!

ちなみに、この媒体は5月発行。だいぶ先ですが、発行されたらまたお知らせします。

 

で、今話題の「京都水族館」への取材もあって、私はウッキウキ♪で行ってきましたよ。

この日は、プレスお披露目会のような感じで、たくさんの報道陣が来ていました。
こんな裏側を見るのが大好きな私は、静かに興奮(笑)かっこいー。

こちらは屋外にあり、とっても開放的なイルカスタジアム。
五重塔をバックにイルカショーが見られるなんて、すごく不思議な気持ち。

見せ方がすごく工夫してあって、こんなキュートな姿のゴマちゃん(ゴマアザラシ)も見られます。
か・わ・いー!と叫ばずにいられない。 

水槽の床の色を青にしているとかで、水がすごく澄んでてきれいに見えました。
大水槽の前に立って上を見上げると、ホントに海の底にいるような気分になれるんです。

詳しくは、この日偶然お会いしたDigistyle京都 ミヤマグチさんの書かれたブログに
たくさん写真が載っているので、ぜひ→ 

京都水族館、早く行ってみたいけれど、当分はすごい人なんだろうなぁ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。