ほの甘いスパークリング清酒「澪(みお)」&「京の甘いもん」をお寺で楽しむイベント

  • ブックマーク

 

田んぼの学校の撮影&取材などで、
一緒にお仕事をさせていただいている「DigiStyle京都」さんが
とっても面白そうなイベントを企画されていますー!

宝酒造さんとDigiStyle京都さんのコラボレーションということで、
イベントでは、昨年6月に宝酒造さんから発売された、松竹梅白壁蔵「澪(みお)」と
DigiStyle京都さんが厳選するスウィーツが楽しめるんだそう。

なんでも、スパークリング清酒「澪(みお)」が、
ほどよい酸味とほんのり甘い味わいで、スウィーツとよく合うんだとか。
意外な組み合わせ。それだけに気になる…。 

日本酒はそれほど得意でない私ですが、シャンパンや発泡性のにごり酒など
泡のお酒は大好きなので、 「澪(みお)」 というお酒の味わいが気になるところ。

そんなおいしそうな企画プラス、「大人のプチマナー講座」なんてのも開催されるとか。

しかも、そのイベントが行われるのが、
通常は非公開の寺院の客殿(安楽寺<椛 ~momiji>)というのだから、
なんだかこう、特別感たっぷりですごく楽しそうです。

日時は、ひな祭りの日、3月3日(土)14時~16時

ペア15組・合計30名様限定で参加できるそうなので、
気になる方は、ぜひこちらから申し込みをしてみては。
参加費は一人1000円。締切は2/10(金)です。

すでに結構な人数の申し込みがあるそうですが、
抽選なので、まだまだ行ける可能性は十分にあり!

 

最初に、「今度こんなイベントをするんですよー」とお話を聞いたとき、
「私なら着物を着て参加したいなあ」などと妄想を膨らませていたのですが、 
私は取材&撮影チームとして参加させていただくことになりました。

というわけで、当日私は会場の隅でこっそり取材をしていると思いますが。

 

京都好き、お酒好き、寺好き、スウィーツ好きのみなさん、ぜひ応募してみてください★ 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。