ガタが来る前に針治療…私の駆け込み寺その2

  • ブックマーク

疲れがたまってくると、肩こりとか腰痛とか腱鞘炎とか…
いろいろな症状が出てきますが、
先日何だか嫌な予感がしたので、早めに行ってみました。

疲れを感じたときの私の駆け込み寺、小山鍼灸院。
以前、岡本カイロプラクティックを紹介しましたが、
整体と鍼と、気分によってあっちに行ったりこっちに行ったり。

小山鍼灸院も岡本カイロ同様、友達に紹介してもらいましたが、
紹介じゃなかったら絶対行ってなかったというくらい、怪しい入り口(笑)
いや、紹介でも一度行くのを躊躇したくらい怪しい。

ですが、今や私の最後の砦。

先生は、針や指圧をしながら「こんなに体が疲れるまで頑張って…」と
ねぎらってくれます、毎回。このねぎらいの言葉がうれしくて、
私はその言葉が聞きたくて行くんじゃないかと思うくらいです。

そう言ってもらえると「あぁ、私ちゃんと頑張れてるのか」と思ったりして。
心までほぐしてもらうというか?

そして終わった後は、いらないぜい肉全部そぎ落としたか?
というくらい体が軽いのです。

行く度に「こんなに体がボロボロになるもっと前に来てくださいね」
とは言われるのですが、60分7000円といいお値段なので、そうなかなか行けません。

旦那さんに一度薦めたら、鍼とか指圧とか合わなかったみたいですが!
こんなにいいのに!

というわけで、誰でもオススメというわけでもなさそうですが
もし興味がある方はぜひに。

烏丸御池から徒歩5分くらいのところにあって便利なので
取材の空き時間などに行ったりしています。

小山鍼灸院

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。