この才能を何とかお金に替えられないものか(2)[note](30/100)

  • ブックマーク

noteの継続課金マガジン「京都くらしの編集室」にて、新しい記事を書きました!

この続き。

noteでは、自分の書いた文章に値段をつけて販売することができる他、この書き手を応援したいな!と思う人がいたら、こんな(↓)感じで「投げ銭」(サポート)できるサービスがあります。

昨年11月から本格的にnoteを書くようになって、先日初めて!!!この投げ銭をしてくれる方がいました〜!!う、うれしい。

書き続けてたら、応援してくれる人いるんだなぁって感動。

これからも、コツコツ書き続けていきます。

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残2席)