捨てて捨てて捨てまくりたい。[つれづれなるままに雑記2018.09.02]

広告

引っ越し以来、押入れに眠っていたダンボールのゴミを今日、ようやく捨てた。

前の前の引っ越しのときに詰めたダンボールを、今の家に引っ越すときもそのまま持ってきて、そしてそのまま押入れに突っ込んでいたやつ(なんで?)

それを8年の時を経て、夫がようやく捨ててくれた(夫は思い出のモノを大切にする人)

めちゃくちゃスッキリした。

スッキリついでに、玄関の落ち葉が気になっていたので、ちょっとだけ掃こうと思って始めたら、夢中になってしまって、雑草を抜いて、伸びた枝を切って、徹底的に掃除。

メガネに汗がしたたり落ちるくらいに、がんばった。

前までは、せっかく伸びた枝や葉を切るのにちょっと躊躇していたのだけど、枝も葉もガンガン伸びるので、こちらも躊躇せずガンガン切る。

押入れの掃除と庭の掃除で、30リットルのゴミ袋が3ついっぱいになった。

あぁ、スッキリ!

年末に向け、今からバンバン!要らないものを捨てていきたい。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!