日常と非日常。

  • ブックマーク

3月11日の地震以来、何度かブログをアップしようと思ったのだけど、
刻々と現場を伝えるニュースを見るにつけ、
どんな言葉でこの気持ちを表現したらいいのか。

文章を書くことを仕事にしているのに、なんにも浮かんでこなくて、
もうTVを見ることをやめ、ツイッターも覗かず、
目の前のことに集中するよう努め、願い祈っていました。

そして、「とにかく何かしなくては」と、ようやく先日
日本赤十字社に募金をしてみたのでした。

それは、私たち一家にとっては少しイタイと思える金額で、
京都で何も変わらない生活を送る中で、自分たちも痛みを伴ったことで、
後ろめたさから少し逃れられたような気がしました。

こんなときだから、みんなで少しずつ痛みを分け合えれば、
一人ずつの痛みはマシになるのかもしれない。

そうして思ったのは、今私にできることは、やっぱり募金をすることくらい。
だから、一生懸命働いて、稼いで、少しでも寄付することで
復興の手助けができれば。

大切な人を亡くした方、避難所での暮らしを余儀なくされている方、
家族の安否が分からない方、どなたも本当に苦しくつらい気持ちでいることと思います。

今日、震災の地で自宅を失くした人が亡くなっているのが発見され、
遺書もなく自殺をした可能性が高い…というニュースを見ました。
家も大切な人もなくして、なんで、自分が生き残ってしまったんだろうと、
思い悩む方が大勢いらっしゃると思います。
でも、あなたは生き残った。

いつかきっと、希望の光がさす日がくると信じて、
死なないでいてもらいたい。

一日も早くその光が見えてくるように、
そのために何ができるのか、私も考えて行動していきます。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。