読書イベント「月間 左京デ読書」に行ってきました。

  • ブックマーク

カフェ日杳で定期的に開かれている「月間 左京デ読書」へ行ってきました。
私が参加した第9回のテーマは、
知らなきゃソン! おいしいアート「うつわ」の世界。

 

京都うつわさんぽの著者、沢田眉香子(さわだ みかこ)さんをゲストに
うつわにまつわる、あれこれを聞いてきました。

民芸の器いいなぁ、とか、北欧のお皿カワイイとか、
そんなレベルの私が話についていけるかドキドキでしたが、
沢田さんのお話は、「うつわとはなんぞや?」というところから。
なんたって、縄文土器から話が始まるのです。

うつわは大きく分けて、陶器・磁器・焼締だとか、
伊万里、古伊万里、初期伊万里の違いだとか、
基礎の基礎から為になる話がいっぱい。

気になるところは、メモしながら話を聞いていたのですが、
「詳しいことは、本に全部書いてありますので~」ということで、
イベントの最後には、結局本を買って、サインまでしてもらうという…。

心に残ったお話を箇条書きでいくつか。

●アンティークのうつわだって、日常使いしないともったいない。
●器は、割れるからこそいいんじゃない、割れたら金継ぎすればいいんだし。
●うつわはおしり(高台)がいいのだから、裏返して見てみて。
●アンティークのお店にいったら、器をもつときに気をつけること…
それは、指輪や腕時計で器を傷つけないように配慮して。
店主の前でおもむろに、指輪や時計をはずすと、
「お?分かってるな!」と思ってもらえる(笑)

などなど。

祇園のいいお値段する和食店なんて、
博物館級のうつわを使っているところもあるんじゃ…
なーんてお話を伺って、取材するときは指輪なんかで傷つけないように
ホーント気を付けようと思ったのでした。

イベントの最後には、沢田さんのコレクションする茶碗で
それぞれがお抹茶をたてて飲むというお楽しみもありました。

沢田さんは茶道もされているそうで、裏千家流にクリーミーな泡をたてる
見本を見せてくれました。見ていると簡単そうなのに、実際にやってみると
これまた難しい!…が、楽しい!

うつわの魅力を楽しむ茶道、やっぱりいつか習ってみたいなぁと思ったり。
案の定、予定時間を過ぎてもなかなか帰れない、楽しい時間が過ごせました。

沢田さんの著書「京都うつわさんぽ」には、うつわのいろはから、
いろいろなうつわを扱う雑貨店、ギャラリーなどがたくさん載っているほか、
うつわ使いの気になるレストラン、カフェなども紹介。

写真満載で、詳しく説明も載っているので、勉強になるわ~と熟読。
今すぐにでもうつわを買いに行きたくなります。

次回の「左京区デ読書」は今週末1月29日(土)
2月も3月も、楽しそうなテーマが続きます。
詳しくは、ヤマグチノリコさんのブログにて→

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。