【書きました】京マガジンのコラム更新!8/2〜5に「京都国際子ども映画祭」が開催されます!

  • ブックマーク
京都子ども映画祭

こんにちは!京都で活動するライターの江角悠子(えずみ ゆうこ)です。

毎月担当させてもらっているWEBサイト「デジスタイル京都」の京マガジン。ここでの連載コラム「子どもと一緒に楽しむ京都」が先日更新されました!

今月取り上げたのは、8月2〜5日に、京都文化博物館で開かれる京都国際子ども映画祭。もう24年も続いているという歴史あるイベントだというのに、私は全然知らなかった…!

この映画祭のすごさは、何といっても運営も子どもたちが担っているということ。まさに「子どもによる、子どものための映画祭」。

また映画の上映の際には、生の吹き替えもあると!!!その場で子どもたちがセリフをしゃべるというのです。

詳しくは記事を読んでもらえたらと思いますが、とにかくこんなに素晴らしいイベントがあるなんて、もっと早く知りたかった〜、今年は行くぞ! なんなら、来年は自分の息子を運営スタッフとして送り込みたい!と思っているくらい。

取材をさせていただいて、「こんなに素晴らしいイベントはもっともっと広めないと!!」という思いに勝手に駆られています(笑)

というわけで、知らなかった〜という方は、ぜひぜひ記事をチェックして、映画祭に足を運んでみてください!!

京都国際子ども映画祭


会場:京都文化博物館3Fフィルムシアター 京都市中京区三条高倉
電話:075-212-8612(NPO法人キンダーフィルムフェスト・きょうと)
期間: 2018/8/2(木)、3(金)、4(土)、5(日) 10:30~18:00
料金 :1回鑑賞券 子ども500円(当日500円)、大人800円(当日1000円)/1日券 子ども500円(当日600円)、大人1200円(当日1500円)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。