台湾料理「青葉(チンエイ)」

  • ブックマーク

先週、取材の合間に連れて行ってもらった
Hカメラマン行き着けの台湾料理「青葉」。

1度目は定休日のため、諦めて、
2度目は取材が押して、断念。
3度目にしてようやく行けた、念願のお店。

これが日替わりランチ850円なり。
ランチメニューは、日替わりのみ。
だから、席に着くなり、ご飯やらスープやら、ザーサイやら
メイン以外のものがすぐに出てきます。
Hカメラマン曰く、取材の合間に行くには、このスピードがいいらしい。
本当に驚くほどの早さで出てくる。

まず、手作りザーサイが、うんまい!
メインが来る前に、ザーサイだけで一杯ご飯を食べてしまいたくなるくらい。
ちょうどいい塩加減とシャキシャキした食感とで、白ご飯がススムススム。

水餃子の皮もモッチモチのぷっりぷり。
2個といわず、5個6個食べたいくらいのおいしさ。

メインは、海老と野菜の炒め物。
野菜の旨みを生かしたあっさりとした味付け。

食後には、甘いフルーツの餡が入ったお饅頭。これまた、本当に美味。
結構量が多くて、ボリューム満点だったけど、
あっさりした味付けだったので、まだまだ食べられそうな感じ。

そして忘れてはならないのが、お店を仕切る台湾出身のお母さん。
ものすごいパワフルで、話してるだけでこっちまでパワーをもらえるような。

今度は夜に行って、好きなものをアレコレ頼んでみたい。

青葉
住所:京都市中京区寺町通二条上ル要法寺前町720
電話:075-211-8871
時間:11:30~14:00、17:00~21:00(日曜、祝日は夜のみ)月休み

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。