だって、明日はオザケンのライブの日だから!!!!!

  • ブックマーク

眠れない。

昼寝したせいもあるかもしれないけれど、眠れない。

だって、だって、明日は待ちに待ったオザケンのライブの日だから!!!

遠足の前の日の小学生のように神経が高ぶって眠れないので

久々にブログを書いてみます。

2016-05-23-17-28-55

先週の月曜日に肺炎と判明してから約10日。

毎日、体力温存、体力温存と頭の中でリピートして

なるべく動かないようにしているのだけど、今週月曜日の時点ではまだ治っておらず。

健康体のときの体力を100とすると、今は70くらいか。

先週は10~20の底辺を行き来していて、

子どものいない昼間に体力温存して、50くらいに復活した体力が

夕方、子どもたちが2人元気いっぱい帰ってくることで

寝る頃にはまた10くらいに落ち、一晩寝て20くらいに回復して

朝、2人を送り出し、また10くらいに落ちて昼間寝て50まで回復して

以下同様。エンドレス。

小さな声を発することすらしんどいときに

子どもらと接することが本当につらくて、どこかへ逃げ出したくなってた先週は。

が、3歩進んで2歩下がるような感じでゆっくりと回復には向かっているよう。

なぜ私は4回も肺炎になるのか?

先週ずーっと考えていたら、何となく答えが分かりました。

それはたぶん、「自分で肺炎になることを望んでいる」からかなぁと。

私の中には、たかが風邪ごときでは休んじゃいけないという思い込みがあって、

肺炎という大義名分を手にしてようやく、私は自分自身にもまわりにも

だれにも文句を言わせない、「休んでいい」という許可を出せるのではないかという結論。

自分は風邪くらいじゃ休んじゃいけない人なんだって、

自分で自分のことをすごく貶めているというか、格下の人のように思ってて、

私って自分のこと全然大事にしてあげられていないんだなって思ったら、

急に悲しくなって、でも気付けて良かったなぁって思って。

身体を横たえている時間が長かったので、そうやっていろいろ考えたのでした。

——

そんな間にも先週は、前々からやりたいなぁと思っていた東京の某誌から突然!

初めての依頼があり、肺炎になってる場合ではないってことで

今週は取材のためのアポ入れを諸々しつつ、明日は三宮界隈で半日撮影。

撮影が終わり次第、オザケンのライブがあるZepp なんばへと向かう予定。

ハードな1日となりそうだけど、オザケンの生声を聴いたらきっと一気に治る気がしてる。

何も言わず淡々と、ただ淡々と家事をして、育児をしてくれる夫に心底感謝。

2016-05-25-18-18-36

ある日の夕食、「今日は鯛があるし、鯛めし作ってよ」という私のリクエストに応えてくれた夫。

クックパッドを見ながら、見事な鯛めしを完成させた夫すごい!!

鯛めしがメインで、残り物の味噌汁以外おかずは一品もなかったけど(笑)

鯛の細かい骨を取って身をほぐしてくれて、ご飯にのっけてくれた鯛めし。

病んだ身体に沁み渡る美味しさで、私も息子もお代わりをリクエストしたのでした。

今週とかずっと寝て過ごしてたくせに、明日はいきなり夫に子ども預けて友だちとオザケンのライブに行くとか

なんか気が引けるんですが…。

でも、オザケンだからしょーがない(開き直り)

次いつ王子に会えるか分からないんだから、そこは体力10でも0でも、這ってでも行くよね。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。