下鴨にデンマーク料理・スモーブローが楽しめる「FILE CAFE(ファイルカフェ)」がオープン!

広告

下鴨に店舗を構える1991年創業の家具メーカー「FILE」が、カフェをオープンするということで、プレオープンにお邪魔してきました!

広告

ワインやスイーツなど、ちょっとした手土産も購入できる!

元々は、家具を展示してあったスペースがカフェとしてオープン!店内に入るとまずあるのが、物販のコーナー。

置いてあるワインは、ビオワインがメインだそう。

ビオワインは温度管理が大切らしく、ワインは常温では置いておらず、全部きっちり冷やしてありました。ということは、買ってすぐに飲めるということ!(ありがたし)購入後、そのままピクニックがてら飲めるようにと、手軽なワイングラスも一緒に販売してありました。至れり尽くせり。

カフェ部門は、創業155年の老舗菓子メーカー伊東軒さんが運営を手がけており、京土産に良さそうな和菓子、洋菓子が揃っていました。

ちょっとしたプレゼント、手土産に良さそう。見た目も可愛い。

店内の様子

子供用の椅子が置いてあるお店はよくあるけれど、こんなに小さな赤ちゃん用の椅子まであるのは、初めて見たかもしれない。こんなおしゃれなカフェが子連れオッケーなんて、これはうれしい。

ここの建物は元々銀行だったそうで、店内には金庫がそのまま残っていました!リニューアルの際、この金庫を残すかどうか悩んだそうですが、残すことになったとのこと。こういう古い部分が残っているの、建物好きとしてはうれしい限り!!(笑)

金庫の中はこんな感じ。個室のようになっていて、落ち着きます。

やはり、置いてある家具がどれも素晴らしい。家具屋さんの家具に実際に座ってみて体感できるというのは、このカフェの一番の魅力かもしれない。

料理がおいしい!カフェでは、デンマーク料理「スモーブロー」が楽しめる

FILEがデンマークの家具を扱っているということもあり、カフェで味わえるのもデンマーク料理。レセプションでも、デンマークの伝統的な料理「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドがたくさん並んでいました。

具だくさんで、下のパンが見えないほど。このパンも自家製だそうで、少し酸味のあるドイツパンのような感じ。上に乗っている具ももれなくおいしい。特にサーモンのマリネ、肉厚でおいしかったなぁ。

この日並んでいる料理がどれもこれも美味しくて、めちゃくちゃ食べてました。

写真には写っていませんが、唐揚げまでしっかりおいしく、ベタでシンプルな料理がおいしいときほど、やられた…!と思います。

料理はテイクアウトも可能で、ランチは1,200円前後で楽しめるとのこと。

2階には家具を展示

2階にはこれぞ憧れの空間!と叫びたいような、理想の家具が並ぶスペースが広がっていました。

こんなキッチンで料理がしてみたい。

こんなリビングのあるお家に住みたい。

夢広がる…。

カフェを満喫したあとは、2階でオーダー家具の相談などしてみてはいかがでしょうか。左京区にまた素敵なお店ができて、私はうれしい。

FILE CAFE データ

京都府京都市左京区下鴨西本町30 FILE1F

京都府京都市左京区下鴨西本町30 FILE1F
075-708-2254
11:00〜18:00 毎週水曜日定休
地下鉄北大路駅より徒歩約15分
北大路駅の赤乗場から市バス204,205,206,1,北8にて府立大学前下車徒歩2分
※近隣にコインパーキング有

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!