京都・修学院のコロッケ屋クロケット…困ったときのコロッケ頼み


夕方まで夢中になってしごとしていたら、夕飯の準備何にもできていなかった!
挙句には、冷蔵庫に適当な食材も何もない!子どもたちはもう帰ってくる!
と慌てることがときどきあり、そんなときは近所のお肉屋さんに駆け込むのです。

コロッケを家で作ったら手間なので、
もういっそプロのおいしいやつ買ってきた方がいいんじゃないかと思うのです。
手抜きでゴメンとかって思うけど、子どもたちはコロッケやったー!って
大喜びしてるから、たまにはいいよねって。
で、いつも行くお肉屋さんがあるのですが、先日はずっと気になっていたお店に遂に!
行ってきました。このお店、見た目がどうもハードルが高いのです。
0

修学院、叡電の線路わきにあるコロッケ屋さん「クロケット」

2016-11-02_16-03-35_577

叡電・宝ヶ池駅近くの線路わきにお店があって、
自転車でここを通るとき、看板を見ては気になっていたのです。

「元一流シェフが作る手造りコロッケ」という看板と
この店構えのギャップがもう気になりすぎる。

でもいつ通っても開いてる気配がなくやっているのかなぁって思っていたら、
この日は開いていたのでした。

2016-10-20_18-09-44_614

小さな窓から注文するスタイルで、
シェフのような真っ白なコックコートを着たおじさまにオーダー。
コロッケのほかにカツもいろいろ。どれもお手頃価格なのが嬉しい。

img_2155

コロッケは小判型でも俵型でもなく、こんなまあるい形をしていました。
フレンチレストランで真っ白なお皿に乗って出てきそうな形。

味は、もちろん文句なしにおいしい。
ジャガイモの甘みがしっかりあったのでサツマイモも入ってるのかな。
サクサクの衣に具沢山の中身、娘が気に入って3つも食べたのでした。

img_2152

何の串カツを頼んだのかすでに忘れてしまったけれど、
ガッツリ食べ応えありな感じで。

img_2149

ジャンボフランクフルトにかぶりつく息子。

金曜日の夜にコロッケにすると、お酒のいいつまみになるんだなぁ。
こうしてたまには手抜きしてやっていかねば。

クロケット

クロケット(食べログ)


2016年11月02日 | Posted in お買い物, 京都, 食べる | | Comments Closed 

関連記事