「PHPスペシャル 4月増刊号」50歳から人生は楽しくなる~発行されています


IMG_4911
11月19日のブログ(→BLOG)に書いていますが、
昨年秋、あじき路地へ取材に行ったときのものが、ようやく本日発行となりました!

あじき路地の大家さんであるおかあさんとだるま商店のお二人に
お話を聞かせてもらっています。

こーんな感じで撮影したものが、どんな仕上がりになっているのか。

ぜひ雑誌を手に取って見てみてください。 

お世話になっている先輩ライターの方々や知り合いのカメラマンさんのお名前も
多数発見して、何だか同じ雑誌でお仕事できたこともとても嬉しかったのでした。
IMG_3402
40歳目前の私としては、50代がどんな風なのか、まだ全く想像もつかないのだけど、
いろんな分野で活躍されている方のお話を読んでいると、
あぁ、50代も楽しそうって、ものすごく勇気をもらえました。

心に響いた言葉を箇条書き。

つらいときは、おいしいごはんを食べる。
そして、こっそり泣く。

どんな出来事も無駄にはならない。
失敗から学ぶことはたくさんあるから。
(ライター・編集 田川公子さん)
人生はトランポリン、どん底まで落ちることもあるけれど、
それがバネになって、上に上がれるのだと思う。
(プティ・タ・プティのナカムラユキさん)
みんなの力を借りたらできることは何倍にもなる。
(タイキッチンパクチーの菊岡美紀さん)

こないだ大阪心斎橋で打ち合わせがあって、その日は夫も仕事が遅く、
義母に予定を変更してもらって子どもたちを預かってもらい、出かけて行ったのです。
が、会社に着く直前に「打ち合わせは明日だ!」ってことに気が付いて、
そのまま戻ってくるという大失敗をやらかし。

往復3時間という時間も無駄だし、交通費も無駄だし、
お義母さんにも子どもたちにも迷惑かけてるし、
ホント自分バカなの?って死にたくなったんですが。
なんかふと田川さんの言葉に出会って、励まされ救われつつ、何とか生きています。
(やっと笑い話にできるくらいには復活。やらかした直後はもう消えてしまいたかった)

読んだらきっと何か心に響く言葉と出合える、そんな本だなぁと思ったのでした。


 そして! 懲りずに宣伝しますが「あじき路地で暮らす。」絶賛発売中です。
あじき路地で暮らす表紙小サイズ

デザイン会社フィールドさんが、本を紹介する特別サイトを作ってくれています。
こちらからでも購入できます。

web

さらに、今話題のロームシアター京都にオープンした京都岡崎 蔦屋書店でも
この本を置いてもらっています!
行かれた際はぜひチェックしてみてくださ~い。 


2016年02月24日 | Posted in 執筆記事 | | Comments Closed 

関連記事