「小泉今日子書評集」を読みかけ中(読み終わりたくない)


私の小さなお楽しみ、小川奈緒さんのブログで紹介されていたキョンキョンの本、
「あぁ読んでみたいなぁ」とずっと気になっていたのですが、
昨日ふと立ち寄った本屋で手にしてパラパラと読んでみたら、
それはもう本当に素敵な文章で、立ち読みしている場合ではない、
と即購入して、今は、手元にあるのだけど、
あまりに素敵で読むのがもったいなくて、開いたり閉じたりしています。
2016-02-07-17-20-35

  で、思わずつぶやいた一言。

本の「はじめに」の部分に

その本を読みたくなるような書評を目指して十年間、たくさんの本に出会った。

とあって、本当に紹介されている本はもれなく「読もう」と決心したくなるほど魅力があって

でもその本――この瞬間まで知りもしなかった本――をそんなに魅力的にしているのは、
紛れもなくキョンキョンの文章なのであって、紙からあふれ出しそうな文才にめまいがしそう、
とさえ思ったのでした。

何が素敵かっていうと、本の説明の合間合間にキョンキョンの思いが語られているのだけど、
そのお話が絶妙にいいのと、それがまた上手にお話にリンクしているのと、
何より優しく分かりやすい言葉で、その思いを的確に表現していて、
それがあまりに見事でなんというかもう素晴らしいのです。

やさしく簡潔な言葉で、物事を分かりやすく説明するのって本当に難しいと思う。
というわけで、全力でお薦めします。

小泉今日子書評集
小泉 今日子
中央公論新社
2015-10-23


 
Facebookにちいさなつぶやきを載せたら、
友人に、こんな本があることを教えてもらった。


MEKURU VOL.07 (小泉今日子)
ギャンビットパブリッシング
ギャンビット
2016-02-04

amazonを見たら売り切れなのか、2016年2月25日に入荷予定ですと書いてあるし、
友人も「あらゆる本屋に問い合わせをしてるけどナイナイナイ」と書いていて、
そうなるとますます欲しくなるなぁこちらも。


2016年02月08日 | Posted in 読書日記 | | Comments Closed 

関連記事