育児エッセイ(12)「言葉の力」


ちょっとずつ紹介してきた育児エッセイも、いよいよ今回で最後に。
ちゃんと書いていたら、今じゃすっかり忘れているようなことも
残せているし、やっぱりいいなぁ。
締切があってお尻叩かれないとなかなかできないんだけれど。

最終回のタイトルは、言葉の力。
2年間生みの苦しみの中で(本当に)泣きながら書いてきたエッセイでしたが、
この回のエッセイを書けたことで、すごく救われた気がしました。なんだろうこの感覚は。
あと前回の「脱・いい子のすゝめ」も書いたことで、浄化されたような感覚もあって。
ググーッと一度深いところにまで行って書くことって大事なんだなと思ったりしました。

本当に良い経験をさせてもらえた2年間。
またどこか連載させてくれないだろーか。
あ、勝手に書けばいいのか。


というわけで、最終回にふさわしい(と自分で思っている)エッセイ、どうぞ。

↓クリックしたら拡大表示に。 
13-03
妙心寺発行:月刊誌『花園』3月号(2013.3.1)掲載 

今は、娘がちょっとずつ言葉を話すようになってきて、本当に面白い。
ろくにしゃべれないくせに、「いやや!」という言葉だけはハッキリと発音できるところが
にくたら可愛らしいのです。関西弁だし。とか思いつつ。


2015年10月14日 | Posted in HOME | | Comments Closed 

関連記事