ウワサの京都BALに行ってきた。


中耳炎が一向に治らず、耳の奥でウワンウワン唸ってるような感じが
1日中続き、不快感が拭いきれず。

昨日は夏バテか、倦怠感がものすごく、息子を小学校へ送り出し、
娘を保育園にやったあとソファに倒れ込むようにして眠ること3時間。
夫が用意してくれた昼食を食べて、午後から布団で寝ること2時間…
しっかり寝たら、ようやく起き上がれるまでに回復。

体力…体力をつけないと。
ヨガやりたいとか、なんか習い事したいとかいいつつ、今年も後半戦、9月突入。
——

さて先日、四条烏丸で打ち合わせがあり、早く終わったので、ウワサのBALに寄り道。

(一度出かけたら交通費の元を取るべくまとめてあちこちへ)


e49c8905-s

セレブでハイソな感じのお店が多くて、私、浮いてるかも、
でも無印だけは私も馴染めるはず…と思いきや
無印良品のお店の品揃えもなんだかセレブリティー。
いやでも、すごく良かった!
あと一番行きたかったお店は、トゥデイズスペシャル
ロゴ入りのマグカップが可愛かった。
それに丁寧な暮らしが叶いそうな雑貨の数々。買い占めたい。
BALでは魅力的なお店に目を奪われたのはもちろん、
トイレに入ったらこんな素敵なコーナーがあって、さらに目が釘付け。
敷地も広くなって、お店全体に余白が多く贅沢な造り。
そして最後に寄ったのが、丸善。
ここに丸善が復活したのが何より嬉しく、梶井基次郎の檸檬を確認しつつ、
文具コーナーで新たなる取材ノートを物色。
e31bb67e-s 
月光荘スケッチブックを長らく使っていたのだけど、
気分転換にロルバーンのポケット付きメモ帳(写真右)に、
そして、この度丸善で見つけたのが、ロイヤルカレッジ・ギルフォード

私が取材ノートとして欲しい機能というかスタイルは、
リングになっていて、紙はラインではなく方眼になっているもの。
表紙・背表紙にしっかり厚みがあって、立ったまま書く場合に
下敷きの役割を果たしてくれるもの。

ロルバーンはリングの部分にボールペンを差せたのがすごく気に入っていて

ポケットも付いていたので、取材にもらった資料をサッと入れておくのに便利だったけど、
ギルフォードはそのどちらも無理。
でも表紙がしっかり厚く、ロルバーンより一回り大きくて書きやすそうな印象。

さらには、ギルフォードはキョクトウの商品だということが分かり、それが嬉しくて。
子どもの頃、母親に極東のノートを買って来てほしいとお願いしたら、
もうこのノートは売ってないんだって(倒産したのか…?)、と言われ、

子どもながらに極東のノートが書きやすくて好きだったから、もう使えないんだと思うと、
すごく残念だった思い出があり。でも、またここで出合えるとは、期待大! 

しばらく続きそうな取材三昧の日々も楽しく乗り切れそう…ってことで。


2015年09月01日 | Posted in お買い物 | | Comments Closed 

関連記事