息子の夏休み、終わり。


息子の長いようで短かった夏休みが終わり、今日から新学期がスタート。
大変そうだなぁと思っていたお弁当作りは、
やってみると意外とそんなでもありませんでした。
子どものまとう「THE・夏休み」な空気に飲まれてしまって、
ほとんど仕事をしていなかったせいもあるのかもしれない。

息子が保育園に通っていた頃は、お盆休みに夏を感じるくらいだったのに、
小学校へ行き始めたら、自分まで子ども時代に戻ったようで
いっきに夏が長くなったような気がする。

今年はキッチンのリフォームに始まり、終わったと思ったら島根に帰省
その後、母親が京都に遊びに来たりしてバタバタしているうちにもう8月も終わりという…。

せっかくの夏休み、息子に計画を立てさせて
本を読んだり、お手伝いしてもらったり、あれこれしようとか思っているうちに
結局何もしないまま終わってしまったような気がする。
7a371ffc-s

こちら、数日前にまとめて「一行日記」を書く息子。
何をしたか思い出せない日は、夫や私が携帯の写真を見て思い出しつつ、
家族総出でやり終えました。

そして、プリントやドリルの答え合わせを、最終日に慌ててやる母。 
小学生だった頃に一度、31日に泣きながら夏休みの宿題をしたことを思い出して、
わたし何も進歩してないじゃん!と我ながら…。
あの「宿題、間に合わないかもしれない」って気づいたときの絶望感といったら、
なんかもう世界の終わりといった感じ。思い出すだけで、胸が焦げ付きそうな焦燥感。

それにしてもこの夏の間、親も夏休み気分でテキトーにゆるゆるしていたせいか、
息子をガミガミ叱ることも少なく(叱るのはとてもエネルギーがいる)
その分、息子ものびのびとしてて、
逆に叱られるようなことをするのも減ったような気がする。

いつもなら、朝の準備を親が早く早く!と言わないと全然できなかったのに、
夏休み後半には自分でリュックを用意して、
8時になったから行ってきまーすと爽やかに行くこともたびたびあって。
え、もう行っちゃうの?と、こちらが慌てるくらいにスムーズに。

完璧主義で何事もキチキチやりたい方ですが、
普段もゆるゆるテキトーなくらいがいいのかもしれない。

あ、それか娘が保育園に行っている間に、
息子ひとりとガッツリ向き合って過ごすという日が
何日かあったのも良かったのかもしれないなぁ。

さぁて、今日は息子にとって久々の授業。
立ち歩いたり、先生の話を途中で遮ったりせず
ちゃんと過ごせるか、どうか、な。

私もそろそろ夏休み気分を終えて、お仕事がんばろう。


2015年08月26日 | Posted in 子育て, 本日の1枚 | | Comments Closed 

関連記事