育児エッセイ(09)「息子の初体験」


子どもの頃は、座禅とか全く興味がなかったけれど、
今はバッタバタで、頭の中も仕事とか育児とか今晩の夕飯のこととかで
ぐっちゃぐちゃになっている日常を離れ、
心静かにできる座禅の時間がほしいと心から思う。

3年前、息子に座禅を体験させてみたときのお話です。

↓クリックしたら拡大表示に。 
12-12
妙心寺発行:月刊誌『花園』12月号(2012.12.1)掲載  

6歳になった今、果たして息子はまたじっと座っていることができるのか?
(小学校では、授業中に立ち歩くことで先生からも要チェックな子となっている息子ですが。泣)
あれ以来体験させていないけれど、この夏実家に帰ったらやらせてみたい。

私はお寺の娘だからたぶん、ほかの人より座禅をする機会はあるのだと思う。
昔は何にも考えてなかったけれど、最近では座禅をすると、
曇っていた窓ガラスを磨き上げたあとのような、
視界が開けてすっきりクリアになるみたいな爽快感がある。

座禅と瞑想の違いがよくわからないけど、
今は、瞑想を一度きちんと学んでみたいなぁと考え中。

左京区、瞑想であれこれ検索していたら、
こんなところ(→京都ヨーガ瞑想クラス)を見つけたので近いうちに行ってみたいなー。
ただ開催が土日なので、子どもは2人いるし動きにくく。 
言えば夫が子守りしてくれるだろうけど、そこまでは至らず。

とにかく、1日に5分でもいいから、なーんにも考えない、
誰にも邪魔されない、一人静かにできるひとときがほしいわけなのです。 


2015年07月09日 | Posted in 執筆記事 | | Comments Closed 

関連記事