本日発売ananの「週末 京都。」で、ちょっとだけお手伝い。


大学生の頃、毎週毎週楽しみに買っていた雑誌「anan」。

今回、京都特集の記事を少しだけお手伝いさせていただきました。


1ef0ce53-s

あの!憧れの雑誌「anan」の仕事ができるなんて!

年末に大先輩ライター宮下亜紀さんにお声がけいただいたときは、えぇ!って。

えぇ!てなりました。 

乳呑み児を抱えていたので、終日取材は基本諦めていたのですが、

これだけはこれだけはしたい!と思い、夫のスケジュールと照らし合わせて

取材日を決定、取材の合間には授乳に戻り、夜寝かしつけのあとに原稿を書き、
宮下さんにたくさんフォローしてもらって、やり遂げたのでした。
たかだか2ページで大げさかもしれないけれど、赤ちゃんいるとそんな気持ち。

先方が写真差し替えたいと言っている!
文字数溢れるけど、どうしても入れたいことがある!
なんて困ったときに、宮下さんの素早い&細やかなフォローに何度も助けられ。
会社で働いてたら、上司や先輩がいて
こんな風に守ってもらえるのかなぁ、いいなぁ。心強いなぁと思ったことです。

で、年末にお店にアポ入れ、年明けすぐ取材と原稿書き、入稿と

バッタバタな1月でしたが、ようやく今日発行です。 うれしい。

私は大好きな地元・左京区をぐるぐる案内しています。

地元なのに知っているようで知らなかった魅力的なお店もあって、

すごく楽しいお仕事でした。

他の特集も読みごたえ十分。

これ1冊あれば、地元の人も旅の人も存分に京都を楽しめる内容になっています。

本屋さんで見かけたら、どうぞ『購入』して読んでみてください。

この京都特集の回がたくさん売れたら

「ananでまた京都特集するか」ってことになり、

もしかしたら、また私にananの仕事が来るかも!

ていうことになるかもしれないので、

皆さまどうぞ購入して読んでみてくださいね(笑)

 
よろしくお願いします☆ 


2015年02月18日 | Posted in 執筆記事 | | Comments Closed 

関連記事