つれづれなるままに雑記。言葉の呪い。


ライター小春が日々取材した気になるお店を紹介!
というコンセプトで始まったこのブログ。

なので、子育てのことを書くなら別のブログを立ち上げようとも考えたけれど、
分けるのも面倒だし、どうせ小春のブログなんだから、同じでいっか、とか、
いろいろ考えていますが、とりあえずカテゴリーを分けて、育児記、書きつづけていこうかと。 

 

といってもここ最近は、お店紹介よりも
コンセプトから外れた育児ブログの記事の方がアクセス多いんですが。
 

 

f721a1e6

赤ちゃん、2ヵ月を待たずして首が座りそうなくらいしっかりしてきました。

————
 

さて。上の子はもうすぐ6歳。自己も確立してきて、
改めて育児ってどうやってするんだろう?って、今さらながら悩んでいます。
まあ母親になってまだたったの6年なので、そんなの分かるわけないのかもしれないけれど。
 

それでも、私は「こんな風に育てたい」という思いが一つだけあって。
それは、子どもに否定的な言葉を使いたくないということ。

私が小学生の頃のことなんですが、
家族と山に出かけて、そこで妹と一緒に画用紙に絵を描いていたことがありました。
父親が絵を見て、ふと「悠子ちゃん(私)は、お姉ちゃんなのに真理ちゃん(妹)より絵が下手だね」
と言ったことがありました。 さらっと。笑顔で。
 

下手だねって!
下手と言われたことも悲しかったけど、
よりにもよって一番負けたくないライバル、妹よりも下手だねって! 

この一言が本当にショックで、それ以来「私は絵が下手なんだ」 と思って、
小学校でも図工の時間がすごく苦痛になったし、
絵をうまく描こうとも思わないし(どーせ下手なんだから)
上手くなるための努力もしなかったし(どーせ下手なんだし)、
というわけで、今でも絵を描くことが苦手です。

息子に「おかあさん、なんか絵を描いてよ」と頼まれても
「おかあさん、描けないんだよ~」と断るくらい、今でも絵を描くことが嫌なんです(笑)
私が絵を描くと、息子が描いたのか
私が描いたのか分からないレベルです、マジ。ふふ(←もう笑うしかない)
 

今思うと、あれは父親に「呪い」をかけられたんだなぁと。
30年経った今でも私をしばる言葉の呪い。 
 

そんなわけで、普段から息子への言葉かけも気を付けているのですが、
叱るときはついつい感情的になってなかなか難しい。 
 

で、こないだツイッターですごくイイものが流れてきたので紹介。
発達障害をもつ子どものためにつくられた「声かけ変換表」というもの。
健常児にも使えるとあって、確かに~と思い、私すでにこれをプリントアウト。
 

息子に声を掛けるときに真似したいなと思っています。

8c9a3813

 

騒ぐ子供に、「うるさい!」って怒鳴るより、
「声をもう少し小さくしてくれる?」と言った方が伝わりやすいし、
言われた方も、じゃぁ、そうしようかなって思える。
 

なんでまだ着替えてないんだ、ノロマ。
早くしろ、バカ。
 

とか、なんかつい言いそうになるけど、それって叱ってるんじゃなくてただ怒ってるだけで、
「叱ること」と「怒ること」は違うし、そもそも叱るときに怒鳴る必要はないし、
相手に伝わるように冷静に物事を伝えればいいし…と自分に言い聞かせて。

上記の声かけ変換表、これホント暗記するくらい読み込んで、参考にしたい。 

—-

あと言葉の呪いって、大人同志の世界にもあると思う。

知り合いで、会うたびに「どうしたの?今日元気ないね」という人がいました。
最初は、心配してくれてるのかな?優しい人とか思ってたんですが、
会うたびに挨拶代わりにそれ言われて、しかもこちらがとびきり元気なときも、それを言う。

そう言われると、ちょっと「あれ?私、顔色悪いのかな」
「そういえば、しんどいような?」とかいう気になってきて、
元気があったはずなのに、だんだん元気がなくなっていくような気がして。

次第にその人に会うのも嫌になっていったんですが。

ま、私の考えすぎなのかもしれないけれど、私、わりと言霊を信じているし、
そんなことに気が付いてからは、物事の悪い面ばかり捉える人とか、
ネガティブなことばかり言う人には、近づかないようにしています。

 

あと、私が今はまっている「オムツなし育児」についても
書きたいと思ったけれど、時間切れ!

またの機会に。

 


2014年07月07日 | Posted in 子育て, 本日の1枚 | | Comments Closed 

関連記事