連載エッセイ(10)「人生の役割」


続々とアップします、花園の連載エッセイ(笑)

1月号では、「人生の役割」をテーマに書いてみました。

私という人間は、一人ですが、ある人から見ると仕事をしている一人の女性であり、
またある人からみると、友達だったり、妻だったり、母親だったり、娘だったり…
と、いろいろな役割をしています。 

で、妹が生きているときは、私は「姉」という役割ができていたのですが、
妹が死んで、「姉」という役割が無理矢理奪われました。
弟はいるけど、妹にとっての姉ではなくなってしまった。 

この役割を与えられる、奪われる、または増えるということについて、
私なりに感じたことを書いています。

 

 ※エッセイは、画像をクリックすると拡大します。

248b0f1a

妙心寺発行:月刊誌『花園』1月号(2012.1.1)掲載

月刊誌『花園』の購読を希望される方は、妙心寺ホームページへどうぞ。

 

 

この、役割が多いと、人生面白いのかもしれないなぁと思っています。
大変かもしれないけど。

例えば、私ならライターのほかに、エッセイストとか、小説家とか、モデルとか。
ま、後半意味不明ですけど(笑)

役割が増えていったら面白そう。クリエイターでもいいし、ミュージシャンでもいいし?
役割は、肩書と言い換えてもいいかもしれない。 

ちなみに、私は今、「ことり会だより」の副編集長という役割も持っています(笑)
またどんどん増えていったらいいなぁ。あ、そういえばブロガーでもあるのだろうか、私は。 


2012年10月07日 | Posted in 執筆記事 | | Comments Closed 

関連記事