連載エッセイ(03)「生命のメッセージ展」


ここ最近、エッセイの感想をわざわざメールしてくださる方がいて、
とても嬉しいです。ありがとうございます!

今回は6月号を飛ばして、7月号のエッセイを。
7月号では、このブログでも何度か紹介している
「生命のメッセージ展」について書いています。

生命のメッセージ展では、生きたくても生きられなかった人たちの声を
遺族が伝えるといった展示会ですが、私はそれを見に行くのがもう、辛くて辛くて。

母親はスタッフになって、積極的に活動していましたが、
どうしてわざわざ娘の死を思い起こすような、
そんな辛いことに自ら飛び込んでいくのだろうとずっと思っていました。

でもあるときから、何となくその理由が分かったというお話です。

※画像をクリックすると拡大します。

cf08acbf
妙心寺発行:月刊誌『花園』7月号(2011.7.1) 

月刊誌『花園』の購読を希望される方は、妙心寺ホームページへどうぞ。


2011年10月14日 | Posted in 執筆記事 | | Comments Closed 

関連記事