京都の和菓子…「仙太郎」のおはぎ


a758a0a3 0c8b46e8 2c488891

先週から突如始まった怒涛の取材週間。
毎日楽しいけれど、一体いつ原稿を書くのだろう?謎。

さて、卵&ミルクたっぷりの洋菓子を諦め、おいしい和菓子、和菓子。
またまたお義母さんから頂きました。「仙太郎」のおはぎ。

a84eb0eb

でも箱には、ぼた餅と書いてあります。
おはぎとぼた餅って、どう違うんだろう?
と思ったら、仙太郎のホームページにご丁寧に説明がありました。
詳しくはそちらを。(仙太郎トップページ→和菓子のお話→ぼた餅とおはぎの違い)

3893f728 66e07e52

一個がズシリと重く、ボリュームあり。
中には細かく刻まれた紫蘇の葉が(写真、見えますか?)。
これがまた風味がよくって、甘みが引き締まるというか、
いい味のアクセントになっています。

紫蘇の葉を混ぜるのがこだわりのようで、
箱に入っていた紙には…
紫蘇の葉がゴミに間違われることも多々あったけれど、
頑として入れることをやめず、入れ続けていたら今では
分かってもらえるようになった。
と言ったようなことが書かれていて、クスッと笑えた。
ゴミ…に見えなくもないか。

加えて、あんこはあっさりスッキリした甘さ。
なので、大きくても2個ペロリといけちゃう訳です。
お義母さん、驚いたでしょうか。美味しかったのです。
きな粉バージョンもあるようなので、
次回はぜひ、きな粉も試してみたいと思ったのでした。

仙太郎
住所:京都市下京区寺町通り仏光寺上ル
電話:075-344-0700
時間:8:00~18:00


2009年06月23日 | Posted in おもたせ | | Comments Closed 

関連記事